お別れの準備

(1)用意するもの

用意するもの

No品名必要数(※)用途説明
布、もしくはタオル1枚体を拭く時に利用します
ブラシ1個毛並みを整える時に利用します
ペットシーツ・新聞紙・ビニール2~3枚体の下に敷く時に利用します
保冷剤2~3個体の上か下に置き、傷みの進行を遅くします
バスタオル(もしくはタオル)1枚保冷剤を包む、もしくは隠す時に利用します
段ボール、もしくはケージ1個体を収容する時に利用します

※必要数は目安です。ペットの体の大きさにより、数は調整してください。迷った場合はご相談ください。

(2)遺体の安置

①手足を優しく折りたたむ

死後硬直は比較的早く進みます。

そのままだと足がつっぱったまま硬直してしまいます。 前足・後足を優しく胸の方向へ曲げて、自然に眠っているような姿勢にしてあげてください。

できれば、まぶたや口は閉じてあげてください。

手足を優しく折りたたむ

②体をきれいに

ぬるめのお湯で湿らせたタオルや布などで全身を優しく拭いてあげて、ブラシで毛並や尻尾を整えてあげてください。

口やお尻から体の中のものが出てくることがあるので、そのときはきれいに拭いてあげてください。 安置している間に出てくることもありますので、ビニールやペットシートを敷くなどしてあげましょう。

体をきれいに

生前、ノミやダニが寄生していると、時間が経つにつれてそれらの寄生虫が飛び出してきますのでご注意ください。

③体を収容

ダンボール箱やケージなどにビニールや新聞紙・タオル・毛布を敷いて、寝床を用意してあげてください。
お花やおもちゃなど、ペットが好きだったもので飾ってあげてもいいでしょう。

ご遺体の傷みの進行を遅らせるために、できるだけ涼しい所に安置してください。

氷や保冷剤をタオルで包んで頭とお腹のあたりにあてて冷やしてあげてください。 冷気が逃げないように、バスタオルなどかけてあげると良いでしょう。

気温の高い時期はエアコンを低めの温度に設定する等してあげてください。

体を収容

④手を合わせる

簡単な祭壇などを作り、お花や好きだったものなどを並べて、手を合わせてあげてください。

お花に付いている虫が体に移らないように、また、夏場はハエなどが寄らないように気をつけてあげてください。

手を合わせる

(3)火葬のご予約

①ご予約までにお決めいただきたい事

ペットちゃんのお世話が終わり少しお気持ちが落ち着いたら、ご火葬についてご家族様でご相談ください。

・ご火葬に立ち会われるか、一任火葬でお任せ頂くか。

・ 立会火葬をご希望の場合は、ご火葬の希望日


②ご来園いただくまでにお決めいただきたい事

ご来園いただくまでの間は、ご遺骨についてもご家族様でご相談ください。

・お骨を納骨堂に納める
・お骨を合同墓地に埋葬する
・お骨をご自宅に連れて帰る。(お骨をいくつかに分け、それぞれご自宅・納骨堂などに分けて納める「分骨」という方法もあります。)

お骨の扱いについて迷われているときは、お骨をいったんご自宅へお連れになり、しばらく一緒に過ごしながらご家族様で考えていただくとよいでしょう。
後日、あらためて納骨堂へ納めていただくこともできます。

ご不明な点は、ご予約時かご来園時でも結構ですので、ご相談ください。